アイフルの審査を通すには

「アイフル」は大手消費者金融の中でも、借り易いという事で人気が有ります。ただ、いくら借り易いと言っても審査に通らなければなりません。

「アイフル」の審査を受ける時は、まず1秒診断で借入できる状態なのかをチェックしてみることをおすすめします。1秒診断の審査結果で融資が可能かどうかおおよその見当がつくので「アイフル」の本審査の結果が解るまで安心して待っていられるでしょう。

「アイフルのも申込条件」

「アイフル」は貸金業法の改正以降、経営難の状態が続きましたが、今ではかなり立ち直った状態で、利用者も大幅に増加しています。

アイフルの申込条件は、満20歳以上、安定した収入と返済能力がある人で、アイフルの基準を満たす人となっています。さらに、取引中に満70歳になった時点での新規融資を停止するとあるので、対象年齢は20~69歳ということになります。

職業の制限については特に記載がありませんが、ネットの体験談や口コミを見るとパートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申込をして審査に可決しています。審査に関しても、フリーターやパートの主婦が審査に通っている例が多いのが特徴と言えます。

 

「アイフルの審査に通らない5つのパターン」

アイフル審査に通らなかった人に多いのが、

  • 過去に金融事故情報がある
  • 総量規制の制限を超えている
  • 過去にキャッシングやクレジットカードなどの支払いが3か月以上遅れたことがある
  • 属性が弱い(年収、勤務歴、年齢 ・・・他)
  • アイフル以外の消費者金融の利用が数件ある(3件以上)

「アイフル」は審査に通りやすいという事で人気が有りますが、もしひとつでも当てはまる事が有るのならアイフルからの借入れ審査は通りにくいので、以上の項目を少しでも改善させてから申込む事をおすすめします。

 

「審査に通りやすい人」

審査基準は公表されていませんので、必ず審査に通るという保証はありませんが、以下の項目に注意すれば審査に通る可能性は高くなります。

  1. 1年以上同じ職場で働いている
  2. 他社のローンやクレジットカードの支払で遅延や延滞を起こした事がない
  3. 借入希望額が少ない
  4. 申込書に記入ミスや記入漏れがなく、なおかつ嘘の申告をしていない

という事が重要になるので、申込前にこれらの事に注意すれば審査に通る確率は高くなるはずです。