審査が緩いと言われる理由

「アイフル」の審査は緩い、という事を口コミなどで見る事がありますが、はたして本当に緩いと言えるのでしょうか。

「アイフルの審査の実情」

「アイフル」の審査は年収200万円以下でも通過可能ですが、申込をした人すべてと言うわけではなく、年収が高くない人でも審査に通る人と通らない人がいるのも事実です。

 

「アイフル」の審査が「受かりやすい」と言われるのは、「アイフル」で審査を受ける時は、あまり細かいことを気にする必要はありません。「アイフル」の審査は、早ければ30分で終わる審査であり、細かい部分までうるさく言われる審査ではなく、誰が受けても、比較的通りやすい審査と言われていますが、仕事や収入の影響はかなり大きいです。

審査を通過するためには、大企業の正社員や公務員といったステータス出なければならないと思っている人もいますが、この点について、アイフルを選ぶ限り、そのような心配は不要です。アイフルの審査が「緩い」と言われる一番の理由は、職業形態はパートやアルバイト、派遣社員でも問題ありません。つまり、どんな仕事でも働いていればOKになります。

年収については、定期的に収入が入ってくれば問題はありません。もちろん、年収が高いほど融資限度額が大きくなるので有利ですが、収入の多い少ないより、勤続年数の方が優先されるので、パートやアルバイトをしていても、同じところで長く勤めていれば有利になります。つまり、何らかの仕事を、ある程度の期間やっていれば通過できます。

 

「どんなに緩くても審査落ちはある」

審査に通らない人とは、金融事故を起こしている人、すでに年収の3分の1以上の借入をしている人、アイフルの規定から外れている人は、いくら審査が緩くても通ることはありません。緩めの審査であっても、名前と住所、連絡先だけで通る審査ではないという事を知っておきましょう。

基本的に、信用が得られない状態では、審査に通ることはまずありません。


審査に通る基準はそれほどはっきりとした基準はありませんし、極力通す方へと働きかけてもらえます。ただし、審査に通らない基準と言うのははっきりしているので、この基準に接触すると審査に通ることはありません。言い換えれば、審査でNGとなる基準に接していなければ、審査は緩くなり、審査を通る可能性が高くなるという事になります。